モンモンブリーフ(前)

12763f99d4f24266a66b375ccf32acdf

T線J駅から徒歩10分ほどの高級住宅街の中にそのテニススクールはあった。
すぐ隣には、高圧線を高くはりめぐらせ、監視カメラがいたるところにある「その筋」の親分の大豪邸がでんと建っていた。
テニスコートができる前からその親分宅はあって、スクール開校にあたり、騒音や照明などに関するいろいろと細かなトリキメがかわされたらしい。
そんな経緯があって、親分一家をできるだけ刺激しない運営を説いた、門外不出の超極秘マニュアルが、そのテニススクールには存在した。
私たち学生コーチの間で、その書類はモンモンブリーフと呼ばれていた。

曰く———-。

<ラリー(ボールの打ち合い)中にアドバイスするときは、できるだけ身振りで。やむをえず声を出さなければならないときは、本人がぎりぎり聞こえる音量で。>

<コーチが生徒を集めて話すときは、各コートの、親分宅からいちばん離れた場所に生徒を集合させ、なおかつ親分宅に背を向けて、できるだけ小声で話すこと。>

<ナイスショット等が決まって、生徒が喜んだときはすぐに静かにさせること。コーチは拍手のジェスチュアでそのショットを褒めること。>

<レッスン中、親分宅はできるだけ見ないようにする。もし、万が一、中の人と目が合ってしまったら、爽やかな笑顔で会釈し、自然な感じで目をそらすこと。くれぐれもじっと見たりしないこと。>

などなど・・・。(つづく)

フィクションとしてお読みいただければ幸いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中