筆巻きと万年筆

81bc429af28449499fc205480b0cd0d2
先日、注文していた筆巻きが届いたという連絡があった。
4色の筆巻きがあってさんざん迷ったが、けっきょくシンプルな黒を選んだ。
あたたかみのある乾いた麻布と、つめたく硬い革ひもの感触が対照的でここちよい。
長年連れ添ってきたウォーターマンの万年筆2本と、叔父の遺品のモンブランを挿してみた。
某放送局の編成で30年以上にわたって使用されてきたそのモンブランは、ウォーターマンの隣には軽々しく挿せない貫禄がある。

筆巻きと万年筆」への2件のフィードバック

  1. 麻布は、使えば使うほど良い具合になりますよね☆私も、麻好きです。
    以前、父がモンブランの万年筆を見せてくれました。とっても大事にしていましたが、KOYさんのBlogを見て、あっ一緒だ!と思いました。それだけです(笑)

    いいね

  2. くずあや さま
    こんにちは。
    モンブランの書き味はなめらかで、すいすい手が動きます。
    それだけです(笑)。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中