溪の流れ

651eb077a0f64260bf015aad38e33d64
ニジマスの燻製をいただいた。
頭からしっぽまで、ドレスを脱がせるがごとく(脱がせたことなどありませんが)、するりと皮がむける。
しまった身にかぶりつくと、燻された濃厚な脂が口のなかにひろがる。
ご自分で釣って自ら燻すという、釣り好きの方の手によるものなので、美味さは格別だ。
ヒッコリー、クルミの香りの奥に渓の流れを思う。

溪の流れ」への8件のフィードバック

  1. ご自分で釣って来て燻すとは、よほどの ニジマス好き!
    蒸しても脂が乗っているとは、いよいよ美味しそう~♪
    頂いたのは1匹だけ~?(笑)

    追伸(笑):このお皿素敵♪

    いいね

  2. すごいですねえ……贅沢だなあ<自分で釣って自分で燻す。
    かみしめたときの感動もひとしおでしょう。いいものお食べになりましたねえー

    いいね

  3. かれん さま

    こんにちは。
    2尾いただきました。大きい方が脂ののりがいいようです。

    いいでしょー、この皿。友人の作品です。

    いいね

  4. 私の旦那もよくニジマス釣ってきます。
    結構美味しいんですよね。
    薫製も、食べたくなりました。
    バターと塩こしょうでもイケますけど。

    いいね

  5. saraさま

    こんにちは。
    もう何年も釣りをしてないなぁ。小学生の頃はクラスメイトに師匠がいたんだけど。
    ニジマスのソテーもイケますよね。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中