アドリアナ ヴァレジョン

190bf14f5120478a9e5e25f7552c0ff3
品川の原美術館に「アドリアナ ヴァレジョン」を観に。
久しぶりに絵を観て泣きそうになりました。
すべての作品をまわった後、ショップで、彼女の図録と、フィンランド製の「LUMIPALLO(ルミパッロ)」を購入。
このLUMIPALLO、握った感触が、しっかりと固めきることのできないパウダースノーの雪玉のようで、思わず衝動買いです。
巷にはいろんなストレスボールがありますが、これは秀逸です。
もう一度、彼女の全作品をまわり、陽の差し込むカフェでランチ。
最後に、しつこいようですがもう一度、じっくりと時間をかけて作品を眺め、目に焼き付けて帰ってきました。
今、ちゃんとした絵が猛烈に描きたくて仕方がないです。

こんなもの書いている暇があったら、絵を描けってことですよね。
いや、描いたんですけどね、あまりの酷さにショックを受けて、文章に逃げているのです。

アドリアナ ヴァレジョン」への8件のフィードバック

  1. 私は好きですよ、KOYさんの絵。

    絵を観て泣いたんですか、、、
    私は去年のラッセンの新作の「エッセンス」シリーズを観て、光の当たり方によって違うことに感動が増して、思わず販売員の前で泣いてしまいました。

    絵って、不思議です。

    奥が深くて、とても・・・。

    いいね

  2. saraさま

    こんにちは。
    ありがとうございます。
    今、書だけでなく、まだ誰にも見せていませんが(ちゃんとした)絵の方も描き始めています。

    いいね

  3. へえ。初めて名前を知りました。無知で恥ずかしい…。
    生まれた場所や性別や環境で、生み出されるものは文字通り「人の数だけ」あるんですね。綺麗な色使い。
    何かを始めるのにタイミングって重要ですよね。

    いいね

  4. ババロアの弟子さま

    こんにちは。
    私も今回初めて彼女を知りました。
    私はいま、大きな変化の時期のような気がします。

    いいね

  5. 絵を見て、感動~!はあっても、泣きそうになる・・・、ないな~。
    残念ながら、まだ未体験。(ノ△・。)

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中