有隣堂・2

book
またやりました。
あれですね。まだ読んでいない本をカバーしたまま大量に積んでいてはいけませんね。
最近、読む時間が減っているのに、購入量はそれほどかわらず、手をつけていない本がどんどんたまっていくばかりです。
毎日目にする山なので、カバーがなければ何がそこにあるのか常に把握できるのでしょうが、本を裸で持ち歩く習慣がないので、ついつい着せたまま放っておいてしまいます。

本は、よほどの事がない限り有隣堂という書店で手にいれます。
ですから、有隣堂がお客様カードのようなものを作ってくれて、購入する際、過去の履歴と照合し、重複するものがあったら親切に教えてくれるということをサービスの一貫でしてくれたらいいのになぁなんて思います。
書店側としても購入履歴がわかれば読書傾向から、入れ込んでいる作家の新刊発売日や、おすすめの関連書なども情報としてメールなどで提供できますしね。
そうしてくれたら孫の代まで有隣堂を贔屓にさせようと思うのです。

有隣堂・2」への8件のフィードバック

  1. あ、すごい良いですね、お客様カード。
    でも香織バッチリカバー無しで読むのであんまり意味ないかも。笑
    そして読み終わったら買う、ってしてるので買ったっけ?ということもあんまりありません。
    でも信長の棺が10ページくらい読んで放置されてます(・・・・
    読書のしすぎは変な夢みますから、気をつけてくださいね。笑

    いいね

  2. KOY さんこんばんは。
    私は以前、有隣堂の横浜駅西口店の注文コーナーで仕事をしていました。なんだかとても嬉しいです。
    KOY さんの案はさりげなく昔の上司などに提案してみようと思います。(店頭で購入したものを記録するのは、何か新しい技術を開発しないと難しそうですね。仮にレジで手作業でやるとすると、次のお客様をお待たせすることになるので…。)
    店頭で買われた品物の履歴は残りませんが、お取り寄せした物は基本的に検索可能です。サービスコーナー(注文コーナー)へ問い合わせれば、調べてくれるはずです。
    そういえば、買いたい本を決めてから来店される常連の方で、電話で在庫の確認→取置きにして「何買ったか忘れてしまうから、履歴に残して欲しい」という方がいました。ご夫婦でダブるのが嫌だから…と同じ方法をとる方もいましたよ。
    本屋での仕事がとても好きだったので、つい真面目に考えてしまいました。長々と失礼しました!

    いいね

  3. 香織さま

    こんにちは。
    私も途中で放りだしたものがたくさんあります。
    最近は「あ、この作家合わない」と思ったら、頑張らずにすぐ放置します。
    変な夢大好きなので・・・(笑)。

    いいね

  4. え”ーーっ!!久しぶりにびっくりするコメントです。こんにちは。浅葱ヨウコさま。
    西口店にいらっしゃったんですね。絶対お会いしてますね、間違いなく。
    お取り寄せもたまに利用していました。その節はありがとうございました(笑)。

    そうですよね。手作業はたいへんなので、カードをぴっと通せば、ディスプレイに履歴が網羅され、重複があったらアラートしてくれるのがいいかななんて。でも、システムを立ち上げるのがたいへんですよね。

    いいね

  5. これも・・・あのティファニー製の特注純金製のケースに入れられるんですね♪
    お客様カード、画期的なシステムですね。

    いいね

  6. あたしも、大体において本を購入する書店は決まっているので、管理カードみたいなものがあったら、嬉しいかも…。
    時々、やっちゃうんですよね…。同じ本再購入。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中