線の旋律。色の旋律。

linecolor.jpeg
すこし大きな作品を描き上げ、納品しました。
何度も描き直しましたが、この作品を完成させるまで、一貫して聴き続けた曲があります。
額装して眺めてみると、その曲の旋律がいたるところに見えてきます。
匂いが記憶をよぶように、筆の運びや色の流れがそうしてくれるのでしょう。
納品を終えた後、その曲を聴いてみると、今度は、もう手もとにないその作品の姿が逆にうかびあがってくるのです。

線の旋律。色の旋律。」への10件のフィードバック

  1. あぁ・・・なんかその気持ち分かりますね。
    私も昨日、また一つ、99%描き終わったところです。
    それを描いていた時の事って、記憶というか、体が覚えてるって感じがします。

    いいね

  2. 五感はつながっているなーという感じですね。
    すごいなあ。
    どんな作品でどんな曲なんだろう…想像が膨らみます。
    おつかれさまでした!!

    いいね

  3. ババロアの弟子さま

    こんにちは。
    日頃、なにも気にせず使っている五感ですが、こういうおもしろい遊びをしてくれると嬉しくなります。
    ありがとうございました。

    いいね

  4. mixiの足跡たどってやってきました。
    KOYさんの作品、とっても素敵です!!
    大好きな色合いがたくさん。
    今度、ぜひ展覧会で生の作品を拝見したいです。

    いいね

  5. どんな曲を聴かれていたのか知りたいです…
    「響」のシリーズはわたしの好きな曲ばかり♪次の個展はいつでしょう?本当の色を拝見したいです(^^)

    いいね

  6. mimosaさま

    こんにちは。
    曲はPiazzoraの「Tanti anni prima」cello、guitarバージョンです。
    次の個展は来年夏の予定です。

    いいね

  7. さな吉さま

    こんにちは。
    納品したときはほっとしました。完成した時点で未練はないので。はやく嫁ぎなさいという感じです。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中