エアメール

c320d8b0b4d94843acf4879f4f5742fe
今日の朝、線路沿いの道を駅に向かって歩いていた。
窓からさし込むきもちよい光で目覚め、きもちよく朝食をとり、きもちよく家を出た。そんな朝だった。
家を出て2分ほどの所だ。
右腕と右胸を小さなもので軽くぶたれたような感触があった。
少しひんやりとしている。
わずかに重さを感じる。
その部位を見るまでの、ほんのわずかな時間、頭は高速で回転した。
ずっと遠い過去に、これと似た状況に遭遇したことがある。
部位に目が届く一瞬前、合致する場面が見つかった。
そうでなければいいと思ったが、一瞬後にはその期待は見事に打ち砕かれた。
右前腕と、洗ったばかりの真っ白のポロシャツの右半身に茶色の液体が、ものすごく広範囲にわたってついていた。
見上げると電線に鳥がとまっていた。逆光で種類はよくわからなかったが、たぶん鳩だろうと思う。
急いで踵を返し、スプリンターとなって家に戻った。
もう本能で動いていた。
途中、駅に向かって歩いて来るたくさんの人が私のために道を空けた。
それはそうだ。右腕だけを横に半挙げし、いい歳した男が半べそをかきながらダッシュしているのだ。空けないほうがおかしい。
家に入り急いで腕を台所用洗剤と固形石鹸を使って二度洗いしアルコール除菌スプレーを死んじゃうかもと思うぐらい噴霧し慎重にポロシャツを脱ぎカランに漂白剤と液体洗剤を大量に入れてそれを浸しもう一回腕を洗って胸にアルコールをぶっかけてタオルで拭き速攻で着替え大の大人が公衆の面前でこんなに速く走っていいのだろうかというほどのスピードで車なんか軽くごぼう抜きして駅まで走った。
そして、いつも乗る時刻の次の電車になんとか駆け込んだ。
乗った途端、汗が滝のように流れ出したが、なにくわぬ顔で本を出して読みはじめた。もちろん息は荒い。
顔から出た汗が顎の先で玉となって次々に足下に落ちた。
電車を降りるときに、ちょっとした池ができていた。
疲れた。

エアメール」への12件のフィードバック

  1. KOYさんのお人柄が良くわかった気がします(^u^)笑っちゃいけないと思いつつ。。。お疲れ様でした☆

    いいね

  2. さな吉さま

    こんにちは。
    もっと駅に近づいてから、あるいは電車を降りて仕事場に向かう途中にそんなことになってしまったら、たぶん、自我が崩壊したと思います。

    いいね

  3. saraさま

    こんにちは。
    ほとんど無意識の対処でした。朝ダッシュすると、膝が痛くなるのがよくわかりました。

    いいね

  4. 画像を見ながら拝読したので、何が起きるのだろうかとドキドキしてしまいました…で、大笑い(ごめんなさい)
    わたしの友人は自転車で飛ばしている時なのに、頭上からビシャッとカラスの物を大量に浴びたそうです(苦笑)白と紫、茶の混合色はどんなに漂白しても駄目だったそうです…

    いいね

  5. mimosaさま

    こんにちは。
    私のポロシャツは漂白時間が長かったためか、落ちたことは落ちたのですが、ごわごわになってしまいました。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中