タマネギの逆襲

307cf471dcc546e4abab861127e20187
昨日、思いたってオニオングラタンスープをつくった。
調子にのってタマネギを5個もスライスし、吉田修一の「ひなた」を読みながら、飴色になるまでひたすら炒めた。

途中省略。

食事を終えた後、他の部屋で他の些事を処理してキッチンに戻ると、炒めたタマネギの強烈なニオイが充満している。
換気扇をまわしっぱなしにしていたのだが、まったく歯が立っていない。
つくっている時、食べている時はまるで気にならなかったが、食の欲求を満たした後はいまいましい感じさえする。

夜、近所のコンビニに行った。タマネギ臭が自分の体にまで染み付いていそうで、他のお客さんと微妙な距離を保ちながら買い物にいそしんだ。

あれから24時間以上経つが、いまだにうっすらと臭う気がする。

タマネギの逆襲」への2件のフィードバック

  1. オニオングラタンスープ♪大好き!
    たまねぎの甘みがたまらない。
    オニオンスープはよく作ります。目にいいから(^_^;)
    たまねぎの香り。。。充満するのよね~

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中