歩み寄り。

09c05291adb645188635722f31b9c662
大きな声では言えないが、たまに人前でチェロの演奏をしてみたりする(反社会的であり、自虐的な行為です)。

以前、ピアノとのデュエットで、自分の音程が外れまくるという瀕死の経験をしたことがある。
あまりの酷さに、これが終わったら永眠してしまおう、とその時は本気で思った。
聴かされた方もたまったものではない。
その後、三日ぐらい悪夢にうなされたことだろうと思う。

ピアノの音は絶対的なものなので、こちらのほんのちょっとの音の狂いが如実に現れる。
「今の音は僕が正しいんだもん、ピアノが違うんだもん」などとは絶ーっ対に言えない。
チェロ同士であれば、聴いている方は、よほど正しい音感を持っている人でない限り「ん?今のどっちが外したの?」と思ってくれるので、人のせいにできる(笑うところですよ)。
また、演奏をしている方も、ヴィブラートをかけながらの、お互いのきわめて微かな歩み寄りみたいなものがあるので(いけないことなんですけど)、それほどの大事にはいたらない(いたるんですけど)。

こういうのって楽器だけではなくて、人同士もそうだなあと思った。

歩み寄り。」への2件のフィードバック

  1. チェロやられてるんですね!素敵ですね~。そして羨ましいです。

    チェロの音色は凄く好きで、特に映画「グリーンディスティニー」のテーマにいつも癒されています。凄く切なくてそれでいて力強い音色ですよね。

    今夜も聴きながら寝ます。

    いいね

  2. k14さま

    こんにちは。コメントありがとうございます。
    「グリーンディスティニー」、私も大好きです!!
    YO-YO MAの技が光ってますよね。

    私も今夜、聴きながら寝ようと思います。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中