mantis
玄関のドアを開けて外に出ると、大きなカマキリがドアノブの所にくっついていた。
ネイビーのドア、シルバーのノブ、イエローグリーンのカマキリ。
絵としては美しい・・・。
しかし、そんなことを思ったのは事が終わってからの話である。
あまりの事態に、右に2メートル、サイドステップを使って瞬間移動した。
外国人が見ていたら「オー、ニンジャ!コンナトコロニイルンデスネー」などと言っただろう。
大人として恥ずかしい。周りに誰もいなくて良かった。

昔は、カマキリなんか平気で素手で捕まえていたが、今はまったくダメになってしまった。
ただの有機化合物のカタマリにすぎないじゃないか、といつも思うようにしているのだが、やっぱりダメなのである。
どこがダメなのだろうか。
分析すると、2つのキーワードが見つかった。
腹と羽である。
ある種の虫が持つ生々しい独特の腹、そして空中を自在に飛びまわれる能力。
全体がキチン質で覆われたカブトムシやクワガタの甲虫類や、トンボのようにシャープなボディに澄んだ羽を持っているのなら、季節の風物詩ということで楽しむ心の余裕もある。
しかし、ぱんぱんに張っていて、柔らかそうで、勝手に動いて、種類によっては蠕動する腹を持つ虫がダメだ。
その腹部が大きければ大きいほど戦慄の度合いも大きくなる(さらにはそこからハリガネムシなんかがびゅるびゅると出てきたりしたら確実に気絶する)。
そんな腹を持つものが、なおかつ羽まで備えていて、悪意に満ちた汁みたいなものを口とか腹部の孔から滴らせて部屋の中に入ってきたりしたら、「すいません。今すぐ私がここから出て行きます。もう帰ってきませんから」ということになる。

「精神的虫害保険」などという商品がどこかから出たら真っ先に入ろうと思う。

オーストラリアのアボリジニや、ジャングルの奥地に住む民族などが、生の芋虫をむしゃむしゃ食べる映像をたまに見かける。
一気に血圧が低くなっていく。
口の中に入った芋虫のテクスチュアを前面に押し出すカット割りの、弱い者(私のことですけど)いじめをしているとしか考えられない映像もある。
そういう場所で、絶対にフィールドワークなんかできないなぁと思う(そういう仕事に就いていないんですけどね)。

」への11件のフィードバック

  1. 子供のころには平気で触れた虫とかが、
    いつの間にか虫のいる環境から離れた生活をしていると、
    触れなくなりますよね。
    たまに田舎に行くと、
    子供のころは平気だった虫たちが、
    とてつもなく違和感となってしまいます。
    子供のころは虫と共存してきたつもりですが、
    虫とは今となっては共存できないってなってます(笑)
    ナウシカの中のセリフで、
    「蟲と人とは一緒に暮らせないのだよ」っていうのを
    思い出しました。

    いいね

  2. 『ハリガネムシ』は体長30センチ以上に成長するのもいるとか・・・
    怖いですねーこの寄生虫は・・・人間にも寄生した例があるそうですよ。

    間違ってパスタと一緒に飲み込まないようにしないと・・・。
    最近、喉が渇くので・・・もしかして・・・そこのあなた!
    皮膚に黒い筋が・・・怖いですね!

    『虫だけに無視できない話ですね・・・冷汗!』

    いいね

  3. むむむ・・・・
    思わず昼食中のパスタを覗き込んでしまいました!!
    確かに無視できませんよね。
    自分には何匹か寄生しているような気がします。

    昼食中の会社のPCより書き込みさせていただきました。

    いいね

  4. 意外に虫平気な方です…。
    カマキリ程度なら、触れるくらい。
    がんばれば、ごきぶりもティッシュで退治できるくらい。
    学生時代に発掘なんかやったこともあるので、
    すこーし土や虫に免疫がついているかもしれません。
    でも、全くダメな時期もありました…。
    なんでしょうね、どういうきっかけなのかなぁ(笑)

    いいね

  5. 生々しくて、ウケますね(笑)
    私も、虫ダメ派に1票!

    「部屋にいてもいいから、住んでてもいいから、
    出てこないで!!!」

    うっかり運命の出会いなんてしようものなら、阿鼻叫喚ですよ、ほんとに。

    いいね

  6. Tさま

    ナウシカにはなかなか深遠な台詞があるんですね。

    私は部屋に蚊が一匹入ってきただけで、しっかり退治するまで、他のことに手が付けられなくなります。

    いいね

  7. 横山さま

    そうなんですよ。人に寄生した例もあるんですよね。
    人に寄生したら15メートルぐらいになるのかなぁ(笑冷汗)。

    いいね

  8. KEYさま

    ま、まさか昼食中にハリガネムシの動画をみたんじゃありませんよね。
    それもパスタを食べながら(もしかしてイカスミだったりして)。
    強者すぎます(笑)。

    いいね

  9. akikoさま

    ゴキティッシュですか!(なんかちょっとコケティッシュ風なので思わず短縮してしまいました・・・<笑>)尊敬してしまいます。

    子供のころ虫が平気だったのは、土と親しむ時間があったからかもしれません。
    なんか、そう考えるとちょっと寂しいような気もします。

    いいね

  10. ハルさま

    部屋の中で「運命の出会い」はできるだけしたくないですよね。
    蚊と出会っただけでも、きっちりと別れの言葉を告げるまで追いかけっこをするぐらいですから、黒いものなんかと出会うとほんとにたいへんなことになります(笑)。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中