「ここちよい」

a6fcdd4e201c49fb9d412e678756069c
波をみていたり、
次々とかたちを変えて流れる雲をみていたり、
ろうそくの焔をみていたりすると、
時間をわすれて、ぼおっとしてしまう。

ここちよい。

洗濯機がつくる渦でも、
風に靡くレースのカーテンの影でも、
シチューなんかの表面にこぽこぽとわきあがる煮立ちでも、
そうなってしまう。

波の音、風にざわめく葉ずれ、焚火のはぜる音。

風鈴。

ここちよい。

ゆらいでいるなぁと思う。

「ここちよい」」への6件のフィードバック

  1. 兵庫県姫路市にある明珍風鈴の音色を聞いたときには感動しました!
    世界一の風鈴音色だと思います!
    これを知っている人はかなりのツーです。
    明珍火箸とも呼ばれていて、高価な物は6万円ほどすると思います。

    http://www.twin.ne.jp/~tomoki-m/myouchin/history2.html

    とっても『ここちよい』ですよ! 今の季節には・・・!

    いいね

  2. 督(あつし)様

    この風鈴はかなり有名だと思うよ。
    音色がとてもいいよね。
    澄んだ音がとても遠くまで響いて・・・。
    消え入る瞬間の音がまたいいんだ、これが。

    いいね

  3. はじめまして。
    最近、『音のことのは』っていう本を買って、思いつくまま眺めてます。静かな音や遠い音、緊張したり緩んだり、ことばにすると、またすてきですよね。
    KOYさんのことばで、ここちよさを味わわせていただきました。ほんわり、します。

    いいね

  4. ふとねこ堂さま

    はじめまして。コメントありがとうございます。

    自然が奏でる音っていいですよね。
    なんか、心の底にゆったりとした水が流れる感じがします。

    「音のことのは」私もお気に入りです。
    何の気なしにページをめくるだけで、ここちよくなります。

    「GIONGO GITAIGO J”ISHO」という本もおすすめです。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中