重要な今

0ad35c97ead34ffeb4d7b76f34968548
今日、ふたつの作品が私の手もとを離れていきます。
これで、展覧会を通して購入してくださったすべての方への納品が終了します。
今日が本当の意味での展覧会最終日のような感じです。
ほっと一息。

ひとつは、購入してくださった方となかなかお会いする時間がとれず、今日にまでいたってしまいました。
もうひとつは、注文を受けて製作したのですが、それが思いのほか長くかかってしまったのです。

作品を依頼されてすぐは、なかなか紙に向かことができません。
頭の中にはある程度の「かたち」が浮かんでいるのですが
紙に向かう勇気が湧いてこないのです。
いつものことですが、たぶん、今描いてもいいものはできないという、意識されない確信のようなものがあるのだと思います。
何日か経って、やっと紙と対峙できる段階にきます。
しかし、頭の中にあるものをそのまま外に出せない日が続きます。
これもいつものことですが、とても歯がゆいです。
自分の未熟さに頭を抱えこむこともあります。
納得のいくものができるまで何度も描き直します。
これらの段階を経て描き上げた作品に、やっと落款を入れることができます。
額装して完成です。

過去の作品は、私にとってとても大切なものです。
しかし、それと同時に早く頭の中から消し去ってしまいたいものでもあります。
こんなことを言うと、ちょっと語弊があるかもしれませんが
次を生み出すためには必要な心の在り方だと私は思っています。
今、紙を前にして描こうとしている作品が最も重要なもの。
どんな小さな作品をつくるときでもこの気持ちに変わりはありません。

展覧会が終わると、少し気の抜けた状態がやってきます。
明日からたぶん少しの間、気持ちを休めることになると思います。
そして、焦りと不安と意欲のようなものがそれに終止符を打つことになるでしょう。

購入された方々から、自分の作品が飾ってある部屋の写真などがメールで送られてきます。
とても嬉しく思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中