I’ve lost

c470ddeb5b8d42ca9625bdfa934f2bdd
友人がスウェーデンに帰った。
彼女は中国の生まれで、ご主人がスウェーデン人。
ご主人の仕事の都合で、5年間住んだ日本を後にした。
彼女は私よりいくつか年下なのだが、とても落ち着いていて、少しのことでは揺るがない信念のようなものがあった。
そして、5年も日本に住んでいたにも関わらず、日本語が話せなかった。
中国語、スウェーデン語、英語は話せるのに、日本語がまるでだめだった。
「私には難しすぎて・・・」と彼女は言った。
とても賢い人だったので、なんらかのきっかけがあって始めれば、すぐに上達したのにと今更ながら思う。
きっかけになれなかった自分を少し後悔している。

旅立つ前々日、彼女とゆっくり話す機会があった。
彼女が日本に初めて来た時、すべてがグレーに見えたという。
人も空も海も街並も。
この鉛色に囲まれた日本を彼女はとても嫌った。
ホームシックの毎日が続き、彼女の気持ちもその色に沈んだ。
しかし、多くの日本人と触れ合い、日本の文化を少しずつではあるが理解していくうちに、いつしか並々ならぬ愛着を持つようになった。
それこそ私たち日本人が持つもの以上に。
そんな話の流れから、彼女がとても面白かったという映画を私に勧めてくれた。
「Lost In Translation」
今日、そのDVDを買って家に帰って来ると、彼女が出発当日、成田から投函した手紙が届いていた。
私がアヤメ好きなのを覚えていて、わざわざ切手もそれにしてくれたのだと思う。
彼女のこういう繊細な心遣いがとても嬉しい。

「日本に来て本当に良かった。今は日本が大好き。また戻ってきたい」
彼女は最後にそう言った。

これからDVDを観る。

I’ve lost」への9件のフィードバック

  1. lost in translationいいですよね~。
    切なくて、淡々としてて。
    いろいろ悩んでいる時に見ましたが、みんないろんなとこをうろうろしてるんだなーっと感じた作品です。
    そしてとてもいいエントリーですね。
    いい小説をよんだみたい。

    いいね

  2. Lost In Translationは実にイイ映画ですよ。
    外国から観た、感じた日本・東京(京都も少し出てきます)がとても興味深いですし、日本人として日本に住むということの新しい発見があると思いました。
    ラストに流れてくる、はっぴぃえんどの「風をあつめて」は最高に素敵です。

    いいね

  3. さな吉 さま
    ほんとに良かったです・・・。
    スウェーデンで、友人にたくさんの日本自慢をしてくれているようです。

    いいね

  4. それにしても・・・スウェーデン語ってあるのね(^_-)-☆
    スェディッシュマッサージなら知ってるけど。。。関係なかったね。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中